地方経済衰退への新たな一手を

  • 耕作放棄地空き家を用いて地域一帯を巻き込んだ新たな価値の創出


 

近年の日本において、「高齢化」の進行は、最も取りざたされている社会問題と言っても過言ではありません。

若者が都市部へ流出した結果、この高齢化は特に地方において年々加速し、弊害として、跡継ぎ不足や労働力不足、過疎化が生じています。

これらの背景から、地方の耕作放棄地や空き家というものは年々増えており、今や日本全体の全耕作地の約10分の1は耕作放棄地とまで言われています。

 

かけわは、これらの耕作放棄地や空き家といった、現在稼働していないものに対し新たな価値を見出し、

それらをかけあわせる事で、これから深刻化していくことが予想される社会問題に対し、地域全体でWINになることが可能な解決策を提案します。

そして地域に新たに経済的な価値を生み出す仕組み作り、及びそれらの情報発信により地方経済の活性化を促進致します。