【第一回植え付け体験① -下準備から昼食編-】

ご無沙汰しております、かけわの岡田です。

 

先日の3/8(金)

クラウドファンディングの資金を元に、

記念すべき第一回植え付け体験を行って参りました。

 

 

体験自体は13:00からだったのですが、

 

私達は10時頃からお邪魔して、

体験の準備を行なっていました。

 

 

突然ですが、

ジャガイモの植え付け体験がどのように行われるのか、

皆さんご存知ですか?

 

 

私はと言うと
生まれは北海道ですが、

 

生まれてすぐに東京の端、多摩地区に移住して今日まで育って参りました。

 

 

 

その為、農業には触れたこともなかった為とても驚きました。

 

 

何となく、種芋と呼ばれるジャガイモの芽が出ている状態のものを植えることは知っているかも知れません。

この状態のお芋ですね。

 

 

冷蔵庫に入れてしばらく時間が経つとよく見ます。

 

何とか芽が出る前に、カレーにしたり様々な料理にしますけど

結局消費できずに芽が出て食べれなくなってしまった経験、皆様一度はあると思います。

 

 

 

この種イモの芽を切らないように半分に切り、

切った側面のジャガイモに草木灰をまぶし、乾燥させます。

これは切った側面から傷まないようにし、乾燥させ腐らないようにする為だそうです。

 

 

初めてする作業なので私たちも楽しみながら行いました。

 

弊社社員も楽しそうですね。

 

 

 

昼食は採れたて野菜を使ったおでんでした。
自然な出汁の旨味に野菜の甘みが染み渡ります。

 

さて

準備が終わったら昼食を食べていよいよ本番です。

 

 

②に続く。

 

1 thought on “【第一回植え付け体験① -下準備から昼食編-】

  1. ピンバック: 【第一回植え付け体験② -植え付け本番と今後の展望-】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です