【CCO小松のマレーシア食放記②】

こんにちは!かけわCCO(Chief Curry Officer)の小松です。

 

今回ご紹介する料理は

「ルンダン」(Rendang)です

 

相変わらずここら辺の地域の料理は名前の由来が気になるところ。

 

これは鶏や牛などの肉をココナツミルクベースのソースで煮た料理です。

 

実はこのルンダンと言う料理。

かの有名な米国のニュース専門放送局、CNNが発表した、2017年の「世界の料理ベスト50」にて

 

 

世界で最も美味しい料理に選ばれているんです!!

すごい!!やルンダン(やるじゃん)!!

 

 

 

 

、、、はい、では肝心のお味はというと

 

 

見た目からすると重く感じるかもしれませんが、

 

香り付けにレモングラスカフィアライムリーフなどのハーブが使われているので、

柑橘類のような爽やかな香りで、後味はさっぱりとしています。

 

 

ご飯のおかずとしても知られていて、
日本で言うところの

 

「すき焼き」

 

のような、ご馳走的な意味合いも含まれているとか…

 

 

 

また、マレーシアではこの料理もいわゆる「カレー」のひとつとして認識されているらしく、

 

カレーという概念の奥深さを感じました

 

 

以上、第二回小松のマレーシア食訪記でした!

 

最後まで読んでいただき有難うございます!

2 thoughts on “【CCO小松のマレーシア食放記②】

  1. ピンバック: 【CCO小松のマレーシア食放記⑥】

  2. ピンバック: 【CCO小松のマレーシア食放記~final~】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です