【CCO小松のマレーシア食放記⑦】

こんにちは!かけわCCO(Chief Curry Officer)の小松です。

 

今日ご紹介する料理は

 

「ナシ・アヤム」(Nasi Ayam)です

ナシゴレンに続く第二の「ナシ」

期待が高まりますね。

 

 

これは、チキンスープで炊いたご飯に調理した鶏肉を添えた料理で、

 

タイの「カオマンガイ」や「シンガポール・チキンライス」、「海南鶏飯」なども、

マレーシアでは一括りに「ナシ・アヤム」と呼ばれているようです。

 

 

こちらは比較的聞き覚えがあるかもしれないですね。

 

 

 

 

鶏肉の調理法は、

フライやロースト、ボイルなど様々なバリエーションがあります。

 

 

純マレーシア式の「ナシ・アヤム」の特徴は、

 

ライスを炊くのにチキンスープに加えていくつかのスパイスが使われていることと、

添えられる鶏肉がフライドチキンになっていることです。

 

 

 

スパイスの香りとチキンスープの旨味がライスに染み込み、

フライドチキンとの相性も抜群です

 

 

使われているスパイスはシナモンクローブカルダモンなど甘い香りが特徴のものが多く、

 

インド料理でもよく使われていて、なおかつ私の家の台所にも揃っています(笑)

作り方も教えてもらったので、帰国したら自分でも作ってみようと思います

 

以上、第七回小松のマレーシア食放記でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です