【CCO小松のマレーシア食放記⑨】

こんにちは!かけわCCO(Chief Curry Officer)の小松です。

 

今回は

 

「マレーシアで食べることのできる本格的なインド料理について」

ご紹介したいと思います

 

 

最初にお話しした通り、

マレーシアにはインド系移民がたくさん暮らしており、町には数々のインド料理店があります。

 

彼らの多くはインド南部の州の出身のため、南インドの料理を出すお店が多いようです。

 

一方で、

 

日本でよく知られるナンやタンドリーチキンは北インドが発祥です。

 

 

 

南インド料理はお米が主食で、スープのようにさらっとしたカレーがスタンダードです。

 

そして、スパイスの香りが比較的強く辛味と酸味が効いていることが味の特徴として挙げられます。

 

 

 

最近は日本にも南インドの料理を出すお店が増えてきていますが、

マレーシアで食べるものの方が香りがより本格的で、

 

 

そして何より

 

安くて手軽に食べることができます

 

 

インド料理が大好きな私にとっても、ここは本当に最高の環境です。スパイスラブ。

 

 

さて、明日はいよいよ帰国の日となりますが、

 

今後のメニュー作りに活かせるよう、

最後までマレーシアの料理のエッセンスを吸収し尽くして日本に帰りたいと思います

 

 

 

以上、第九回小松のマレーシア食放記でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です