【CCO小松のマレーシア食放記⑤】

こんにちは!かけわCCO(Chief Curry Officer)の小松です。

 

今日ご紹介する料理は

 

「ナシ・ビリヤニ(Nasi Biryani)」です

 

これは、お米をスパイスや様々な具と炊き込んだいわゆる炊き込みご飯の一種で、

 

スパイスの芳醇な香りとパラッと炊き上がったライスの食感が特徴です。

 

 

 

元々は「ビリヤニ」というインド料理なのですが、

マレーシアでも非常にポピュラーなため様々な形でローカライズされ、

 

 

 

マレー語でお米を意味するナシ(nasi)」を頭に付けて

 

「ナシ・ビリヤニ」と呼ばれています

 

 

 

 

本場インドではスパイスと共にお肉なども一緒に炊き込まれ、

一皿でメインとして食べられますが、

 

 

マレーシアでは具は少なめで、

別に用意されたおかずやカレーと一緒に食べることが多いようです。

 

 

 

なんか今回口数が多いなーと思われたそこのあなた。

 

非常に鋭いですね。中々の食放記読者であるとお察しします。

 

 

 

 

実は私、

 

 

 

このビリヤニが大好物なんです😆

マレーシアでは気軽に毎日のように食べることができるので、本当に幸せです

 

基本的にビリヤニは長粒米で作られているため、

短粒米が主流の日本においては中々ハードルは高いのですが

 

この大好きなビリヤニを、いずれは多くの人達に食べてもらえたらなーと思っています。

 

 

以上、第五回小松のマレーシア食放記でした!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です