【4/28 田植え体験本番①】

こんにちは。かけわの岡田です。

昨日の準備を終えて、ついに田植え体験当日を迎えました!

 

弊社CCO小松は、朝早く起きてカレーの準備です。
前日に作ると食中毒の可能性があるため、当日に作るのが鉄則です。

 

そしてカレーを煮込んでいる間に、畑の状態を確認しに行きます

朝の畑はいつもと違う表情を見せます。
朝露でぬれた野菜達は、とても瑞々しく見えて美味しそうです。

朝採れ野菜の販売はこちらで行なっているのでよかったらご確認ください!

 

かけわ野菜直売所

 

 

食事を作り終え、と畑の様子を見た後はいよいよ田んぼの準備です。

 

昨日の線引きの続きで今日は横向きに引いていきます。

思ったよりも線が残っていたのでとりあえず安堵です。

 

しかし、この線がずれてしまった場合、正確に植え付けが出来ないため、気は抜けません。

 

昨日同様丁寧に、尚且つスピーディーに行なっていきます。

 

 

そしてついに田植え準備完了です。

お客様が来る前に、僕達がまず田植えの練習をしました。

ブロック稲を手に持ちながら

先ほど引いた線を元に、

線を消さないように、正方形の中心に足を入れながら丁寧に植えていきます。

 

青い服のCCO小松くんは、畑作用の短いブーツで来ていた為足が抜けなくなっていました。
田植えをする時は田植え長靴といって、少し長めの長靴が良いんです。

 

僕はというと、準備不足で用意していなかった為、昨日に引き続きチャンを使った田植えです。

 

 

お米農家さんに植え方のコツを聞くと、

 

植える際には指の第一関節まで入れて、

指先をクイッと軽く曲げて植えるそうです。

 

 

そうすると稲に泥が乗っかり、風などでも倒れづらくなるとのこと。

ここでも先人の知恵が活きています。

 

さて、田植え練習も終えて、いよいよ本番です。

 

次に続く

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です